FC2ブログ

【液晶パネル】 台湾パネル、広色域で韓国のAMOLEDに対抗 AUOはソニーから受注

EMSOneより。
【液晶パネル】 台湾パネル、広色域で韓国のAMOLEDに対抗 AUOはソニーから受注

AUO(友達光電)、INNOLUX(群創)の台湾系パネル2社が、テレビ(TV)用パネルで超高精細4K
(4K2K)TV用に続き、2013年下半期には「広色域」パネルの発表を計画しており、
アクティブマトリクス式有機EL(AMOLED)のサムスン(Samsung)、LGディスプレイ(LGD)の
韓国勢に対抗する模様だと報じられています。
韓国系の有機EL、台湾系の液晶という図式も見えてきていますが、どちらかというと
TVは4Kの高精細液晶パネル、モバイル・中小型はアクティブマトリクス有機ELという棲み分けが
なされてきているように感じますね。

関連記事:
ブルームバーグ:韓国勢が有機ELテレビで誤算、液晶を進化させたソニーに追い風も

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
AUO(友達光電)、INNOLUX(群創)の台湾系パネル2社が、テレビ(TV)用パネルで超高精細4K(4K2K)TV用に続き、2013年下半期には「広色域」パネルの発表を計画、アクティブマトリクス式有機EL(AMOLED)のサムスン(Samsung)、LGディスプレイ(LGD)の韓国勢に対抗する模様だ。台湾の経済紙『工商時報』(6月3日付)が台湾業業界筋の話として伝えたもので、AUOは既にソニー(Sony)から広色域パネルで受注を獲得したという。またINNOLUXは、中国系TVブランドと交渉中だとしている。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter