「グーグルグラス」法人向けに復活 工場や病院想定

日本経済新聞
「グーグルグラス」法人向けに復活 工場や病院想定

Google-glass_enterprise_ed_AGCO_image1.jpg
「グラス」のディスプレーにマニュアルを表示しながら作業をする先行導入企業AGCOの作業員

米グーグルの持ち株会社アルファベットは、法人市場に特化したメガネ型のウエアラブル端末
「グラス・エンタープライズ・エディション」を発表しています。
グーグルは2013年に初代「グーグルグラス」を限定発売しましたが、プライバシー侵害への懸念などから
15年に販売を中止。法人向けに用途や機能を絞り込んで復活させています。



新端末はデザインを一部変更したほか、プロセッサーやカメラの性能が向上。
バッテリーも従来より長持ちするようになったとのこと。初代の製品は1台1500ドル(約17万円)しましたが、
新製品の価格は搭載するソフトや提供するサポート内容に応じて異なるとしており、
当面は米国と欧州のみで販売。日本での販売は未定とのこと。

アルファベットによると、新端末は工場や倉庫の作業員が透過型のディスプレーにマニュアルを表示しながら
作業をしたり、医師や看護師による医療記録の作成負担を軽減したりする用途を想定。
米ゼネラル・エレクトリック(GE)や物流大手の独DHL、大手医療機関の米ディグニティーヘルスなど
50社以上が使い始めているとのこと。

「エクスプローラー・エディション」と名付けられた初代の製品は発売直後から、
内蔵カメラによる「盗撮」を懸念する声が続出しました。

>ウェアラブルデバイスが抱える法的リスク

高価な割に機能が限られていたこともあり、販売が低迷。
15年に販売を中止した後は、法人にターゲットを絞り込んだ製品開発を進めてきました。

関連記事
AFP:「グーグル・グラス」が復活 業務用の新モデル発表
日刊工業新聞:産業向け「グーグルグラス」発表、GE・ボーイング・VW・DHLなどが導入
engadget:新型 Google Glass 発売、約20万円で法人向けソリューションつき

当ブログ関連記事
「Google Glass」が片眼鏡に?--新たな特許が公開
「Google Glass」ゼロから再挑戦 “iPod生みの親”研究開発乗り出す
グーグルが「グラス」失敗認める、将来見据えた投資は継続へ

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter