住友電工が大型蓄電池にチタン系材料、コスト半減でNASのライバルに?

NEWSWITCH
住友電工が大型蓄電池にチタン系材料、コスト半減でNASのライバルに?

Sumitomo-denki_RF-cell_image1.jpg
レドックスフロー電池の実証設備

住友電気工業は2018年度にも、電解液にチタン系材料を採用した新型の大型蓄電池
「レドックスフロー(RF)電池」を市場投入するとしています。



従来の主材料である希少金属のバナジウムを使わず、性能は同等のまま電池コストを
現在の2分の1程度に抑えられるとのこと。材料やセル構造などの改良を重ねて20年度に1kW/h当たりのコストで
3万円以下を目指し、大型蓄電池で先行するナトリウム硫黄(NAS)電池などと競うとしています。

住友電気工業はチタン系を含む複数の電解液材料の選定を終え、大阪製作所(大阪市此花区)で
実用サイズのコンテナ型蓄電池を使った実証実験に入っています。
1年程度の実証期間を経て18年度の市場投入を目指すとのこと。

大型蓄電池は、発電量の変動が大きく送電網に負荷がかかる再生可能エネルギーの貯蔵用などで
市場拡大が見込めるとされています。国の20年度の余剰電力貯蔵用電池の開発目標は、1kW/h当たり2万円以下。

住友電工はさらに技術改良を重ねて、RF電池のコストを国の目標に近づけ、1kW/h当たり
4万円程度とされるNAS電池に対抗するとのこと。

これまで商用化に向けた課題を克服するため、コンテナ型による省スペース化やセル改良による
高出力化を実現しており、コスト低減が最後の課題となっていました。

新型RF電池の投入で、集光型太陽電池、エネルギー管理システムなどを含む新エネルギー分野の
20年度売上高目標1000億円の達成に弾みを付ける見込みです。

Sumitomo-denki_RF-cell_image2.jpg

当ブログ関連記事
【抜粋記事】2026年までの電子部品のトレンドを俯瞰、コネクタや入出力デバイスの未来は?
Samsung SDI、EVバッテリー工場をハンガリーに開設
電気めっきによるLiB電極材の新製法 - フレキシブル固体電池も可能に

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter