FC2ブログ

【抜粋記事】「タクシー業界も自動運転受け入れて」、日の丸交通とZMPが無人運転に乗り出す

MONOist
「タクシー業界も自動運転受け入れて」、日の丸交通とZMPが無人運転に乗り出す

ZMP-Hinomaru_auto-taxi_image1.jpg
ZMPと日の丸交通が無人運転タクシーの実用化に向けた研究会を立ち上げた

ZMPと日の丸交通は2017年7月11日、東京都内で会見を開き、無人運転タクシーの実用化に向けた研究会を立ち上げたと発表した。2020年に本格営業を開始する目標




両社は研究会発足に先立ち、無人運転タクシーとドライバーが運転するタクシー(以下、有人タクシー)の両方を配車できるアプリの開発で協業を始めた。配車アプリはまずドライバーが運転するタクシーのみに対応してから、無人運転タクシーも対象に加える


無人運転タクシーと有人タクシーを配車アプリの対象とするのは、2つの乗り換えを想定することによる。両社は無人運転タクシーと有人タクシーで走行エリアを補完しあい、有人タクシーでは配車しても効率や収益性が上がらない地域を無人運転タクシーでカバーしたい考え


また、完全自動運転はレベルの定義によって走行できる区域が限られるのも、乗り換えが発生する理由


ZMP 社長の谷口恒氏はレベル4の自動運転に強いこだわりを見せ、「タクシー業界にはレベル2~3の推進派がいて、隙あらばレベル4の実用化を遅らせようとする。レベル4を目指していかないと進化を止めることになるし、われわれの計画が遅れてもUber(ウーバー)など海外勢が入ってくる。発起人としてリスクをとってでも進めていく」とコメント


会見に登壇した日の丸交通 社長の富田和孝氏は、自動運転技術がタクシードライバーの存在を脅かすものではないこと、海外のライドシェアサービスに対抗するためにもタクシー業界が自動運転技術を積極的に取り入れる必要があると強調して説明


課題を抱える従来のタクシーに対し、海外ではライドシェアサービスが一般的な交通手段として認知されている現状にも触れ、富田氏は「日本では白タクに頼ることなく、プロドライバーによって安心・安全を提供していきたい。また、タクシーは有人運転でも無人運転でもタクシー会社が運用できるように法整備を訴えていく」と述べた



当ブログ関連記事
ドローンと自動運転車が連携し、有線給電で長時間巡視。エアロセンスとZMP
ドローンの量産開始 ソニー系とZMPの共同会社

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter