FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボホンの中身売ります シャープ、対話用基板を外販へ

朝日新聞
ロボホンの中身売ります シャープ、対話用基板を外販へ

Sharp_Robohon_image1.jpg
シャープのロボット型携帯電話「ロボホン」

シャープは、携帯型ロボット電話「ロボホン」などに使われている対話用AI(人工知能)の基板や仕組みを、
2018年度から外販する方針を明らかにしています。
ロボホンは声で操作したり、話しかけると質問内容に答えてくれたりしますが
こうした機能を他社の機器やサービスでも使えるようにするとのこと。


戴正呉社長が社員向けメッセージで明らかにしています。シャープは現在、ロボホン以外にも対話機能が付いた
商品の開発に力を入れており、家庭用オーブンレンジなどでも機械と「会話」ができる商品を売っています。

こうした技術や仕組みを他社に提供。例えば、住宅の照明に対話機能の基板を組み込めば、
点灯や消灯の操作が声でできるとのこと。レストランでは、対話機能がついた端末を席に置き、客が話しかけて
商品を注文できるようになるとしており、シャープは技術の外販で収益源を広げる狙いです。

当ブログ関連記事
国際ロボット展開催、災害救助ロボやパワードスーツにも視線集まる
シャープ、ロボット型電話「ロボホン」来年発売 歩行やダンスも(追記)

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。