FC2ブログ

旭硝子、導光板用ガラスを開発-業界最高水準の光透過性能

日刊工業新聞
旭硝子、導光板用ガラスを開発-業界最高水準の光透過性能

AGC_XCV_image1.jpg

旭硝子は、業界最高水準の光透過性能を実現した導光板用ガラスを開発し、液晶パネルメーカー最大手の
韓国LGディスプレイに採用されたと発表しています。
LGディスプレイからの大量受注を受け、8月にも海外工場で量産を始めるとのこと。


2015年に発売した液晶テレビ向け導光板用ガラス「XCV(エクシーブ)」の原料などを見直して改良。
光の透過性能を業界最高水準に向上させたほか、高輝度画面に対応可能な耐熱性を備えつつ、
厚さを2㎜から1.8㎜に落としています。

樹脂製の導光板と比較した場合、剛性は20倍以上になり、熱による変形は約8分の1に抑えられるとのこと。

導光板は薄型の液晶テレビに使われる「エッジライト型」光源からの光を受け、
液晶パネルを裏側から照らす役割です。樹脂製が主流ですが、ここにきて剛性が高く、熱変形が少ない
ガラス製の導光板の採用が増えているとのこと。

当ブログ関連記事
旭硝子、車載向け三次元曲面ガラス 生産能力4倍に
東工大と旭硝子、有機EL向け新素材を開発

    

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter