アルプス電気、車載用生体センサー 独・車メーカーと共同製品化

日刊工業新聞
アルプス電気、車載用生体センサー 独・車メーカーと共同製品化

Alpus_ADAS_sensor_image1.jpg
センサーや触覚デバイスなどを用いた新機能を訴求する

アルプス電気はドイツの完成車メーカーと共同で、車載用生体センサーモジュールを製品化するとしています。
運転手の瞳孔の状態や脈波などをセンシングし、自動運転や先進運転支援システム(ADAS)に
必要な情報を収集。自動運転に伴う車室の快適性向上ニーズに備え、生体情報を基にマッサージ機能や
ストレスを抑制する照明など新機能の導入も想定。2020年度以降に次世代自動車への搭載を目指すとしています。


モジュールは加速度センサーやガスセンサー、音波センサーを組み合わせるとのこと。
目や血流、呼気から精密な情報を算出し、眠気やアルコール摂取の有無などの覚醒状態を把握。
声やジェスチャーなども検知できるため操作方法もより直感的にできるとしており、
シートやハンドルなどに搭載するほか、レーダー内の搭載も検討するとのことです。

運転手の生体情報の収集・分析は完成車メーカーを中心に進んでいます。
「条件付き自動化(レベル3)」では手動操作と自動運転が混在します。
そのため、運転手が運転できる状態かどうかの判断が必要になります。

判断は人工知能(AI)や車メーカーそれぞれの手法によりますが、アルプスは運転手の生体情報を
検出することで、判断材料を増やし自動運転化や新機能の追加を支援するとのこと。
子会社のアルパインで車載事業を担っており、グループの知見を生かして車載に適した
モジュールに仕上げるとしています。

自動運転の進展によって生じる新たなニーズにも対応。運転手がハンドルから手を離せるようになれば、
車室でより快適に過ごしたいというニーズが高まるとみられています。
完成車メーカーの知見を活用して、新たな付加価値創出を目指すとしています。

当ブログ関連記事
電子部品大手6社が増益、スマホ・車載向け伸びる 18年3月期

    

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter