IHI、クロムメッキの代替となるプラスチック・クロムコーティングのプロセス技術を開発

fabcross
IHI、クロムメッキの代替となるプラスチック・クロムコーティングのプロセス技術を開発

IHI_Cromatipic_PVD-machine_image1.jpg
クロムコーティングを行うPVD装置

IHIは、グループ会社のIHI Hauzer Techno Coating B.V.(以下、ハウザー)がクロムメッキの代替となる
プラスチック・クロムコーティングのプロセス技術を開発したと発表しています。


現在クロムメッキは、産業製品、自動車用インテリアやエクステリア、日用品などに幅広く使用されていますが、
コーティングプロセスに六価クロムを含む溶媒を使⽤。六価クロムは健康への影響が指摘されており、
特に欧州では環境規制のため使用が禁止される方向にあるため、代替技術の開発が急務とされてきました。

今回開発した技術は、ハウザーが従来から装置開発などで連携をとっていたスペインの化学メーカーである
SIDASA Engineering S.L.から、2016年1月にプラスチック・コーティング技術「Cromatipic」を買収し、
プロセス技術を開発・実用化したもの。クロムメッキに比べてコーティング可能なプラスチックの制約が少ないため、
自動車の部品となるプラスチック材質の幅が広がるとしています。

IHI_Cromatipic_process_image1.jpg

また、クロムメッキが多層構造なのに対して、シンプルな2層構造なのも特徴。
プラスチック部品の生産ラインにインラインで装置を組み込めるため、生産性も高いとしています。

同社は、スペイン・バルセロナ近郊に新会社IHI Hauzer Techno Coating Iberica S.L.を設立し、
6月30日(金)には、社内にコンピテンスセンターを開所。コンピテンスセンターには自動化された
Cromatipicの加工ラインを設置し、今後は部品コーティングの受託加工も行う予定としています。

IHIプレスリリース
クロムコーティングのプロセス技術を開発・スペインにコンピテンスセンターを開設
~クロムメッキの代替となる環境にやさしい新技術~


関連記事
日刊工業新聞:IHIハウザー、クロムメッキの代替技術開発

当ブログ関連記事
ノイズ対策シート、Cuめっき技術で40μm厚に
ナノテック、1台で多種対応のDLC成膜装置投入−用途拡大へ小型・量産機
熱に強い合金めっき技術開発 京都市産業研、世界初の量産化

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter