【抜粋記事】窓ガラスがディスプレイに――AIスピーカーとつながる「未来の窓」、YKK APが開発 プロトタイプを見てきた

ITmedia
窓ガラスがディスプレイに――AIスピーカーとつながる「未来の窓」、YKK APが開発 プロトタイプを見てきた

YKKAP_windows_with_intelligence_image1.jpg
YKK APの“未来の窓”こと「Windows with Intelligence」のプロトタイプ

“未来の窓”「Windows with Intelligence」のプロトタイプを、アルミサッシなどを手掛けるYKK APが6月28日発表した。2020年をめどに、まず法人向けで実用化を目指す




Windows with Intelligenceは窓のIoT(Internet of Things)化に取り組んだデバイス


透明有機ELを強化ガラスで挟み込んだ構造で、現状では透明有機ELの調達の都合上、55インチ、フルHD(1920×1080ピクセル)解像度のモデルのみ。フレームを含むサイズは1596(高さ)×1062(幅)ミリ


有機ELであるため反対側からも表示内容が見えてしまう問題や、強い日光下での視認性の問題については、「課題として認識していて、これから改良していく。例えば、強化ガラスの間にブラインドを入れる技術が既にある。有機ELの表示時にはブラインドで外側を遮ることで、ある程度改善できるかもしれない」という


現状、製品価格は「100万円を越えないくらい」


透明有機ELだけをユニットとして交換できる仕組みにするという



当ブログ関連記事
【抜粋記事】JDIの透明ディスプレー、技術の詳細が明らかに
九州ナノテック、加工性に優れた調光フィルムを出展
サムスン、透明有機ELの開発・量産を中止 中小型増産に注力へ

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter