九大、高い弾性と柔軟性両立した高分子材料

日刊工業新聞
九大、高い弾性と柔軟性両立した高分子材料

kyusyu-Univ_polymer-fenole_image1.jpg
開発した高分子材料(長谷川助教提供)

九州大学大学院工学研究院の長谷川丈二助教は、高い弾性と柔軟性を併せ持つ
高分子材料を開発したとしています。



多孔質で密度が低く、弾性率などの特性について、材料組成を変えることで調整可能。
緩衝材や自動車部品、建材などでの利用を見込むとのこと。
開発は長谷川助教が京都大学在籍時に同大の中西和樹准教授らと行っています。

材料はフェノール樹脂の原料と線状ポリマー、反応のための添加剤など。
フェノール樹脂の原料と線状ポリマーの量の比率を調整することが作製のポイントだとのことです。

常温常圧で液体を型に流し込んで作成。
大きさ数ナノメートルの穴のハニカム構造を持つ棒状の高分子が組み合わさっているとのこと。

当ブログ関連記事
鮮やかな発色性顔料で色が変わる、光学デバイス−名大が開発
防衛大、シリコーンゴムに超撥水加工−レーザーで表面に微細突起
北大と大塚化学、強度・耐久性がゴム並みのハイドロゲル開発(追記)

    

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter