FC2ブログ

【抜粋記事】「石炭は宝の山」 熱意が生んだスマホレンズ

日本経済新聞
「石炭は宝の山」 熱意が生んだスマホレンズ

Osaka-Gas_OKP_lens_image1.jpg

石炭から都市ガスを生成する際の副産物として出る真っ黒な「コールタール」。無色透明とはほど遠く思えるのだが、これを分留して成分を抽出すると、今や誰もが使う「アイフォーン」や「アンドロイド」といったスマートフォン(スマホ)のカメラレンズに様変わりする





大阪ガスケミカル(大阪市)は、世界で普及しているスマホのカメラ用レンズ部品を供給している。コールタールに約1%含まれる「フルオレン」という化学物質から「OKP」と名付けた無色透明な光学用ポリエステル樹脂を2000年ごろに開発


従来はポリカーボネート樹脂から作った素材に、硫黄原子などを入れるなどの手法が一般的だった


スマホに限らず光学系のレンズで使用されており、デジタルカメラやビデオカメラにも使われている。今でこそ競合各社がしのぎを削るが、それでも世界のシェアは約5割と高い


なぜ、ガス会社がカメラのレンズを作るのかと疑問に思うかもしれない。もともとガスは石炭から作っていた時代があった。1990年代初頭までは石炭からもガスを生成。デジカメやスマホなど向けは最近だが、研究は足かけ30年近くになる


山田さんは「自動車向けセンサーや仮想現実(VR)ゴーグル向けのレンズなど、用途を広げていきたい」と、新たな広がりに期待を寄せている



当ブログ関連記事
スマホレンズ厚さ2ミリ ゲルで焦点調節 同志社大開発
三菱ガス化学、屈折率1.66のカメラレンズ材開発−スマホ・車載向け
三井化学,高屈折レンズ材料でスタンプルーペを開発

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter