【抜粋記事】シャープ、シェア独占の韓国勢との競争必至 有機ELテレビを開発

産経WEST
シャープ、シェア独占の韓国勢との競争必至 有機ELテレビを開発

sharp.jpg

シャープは、株主総会後に開いた経営説明会で、大型テレビ向けの次世代パネル「有機EL」の生産に乗り出すことを明らかにした


有機EL事業担当の伴厚志氏は「スマートフォンやノートパソコン向け中小型パネルの開発と並行し、大きなテレビに結びつけていきたい」と話し、大型パネルの生産への意欲を示した。事業化の時期は明らかにしていない


シャープは、平成30(2018)年春の稼働を目指し、堺事業所(堺市)と三重事業所(三重県多気町)で有機ELパネルの生産設備の建設計画を準備している。中小型パネルを量産するほか、堺事業所でテレビ用大型パネルの開発を進める



関連記事
産経ニュース:シャープ、有機EL開発遅れ 韓国LG電子などが先行 V字回復に残る不安
毎日新聞:シャープ テレビ向け有機EL開発へ

当ブログ関連記事
【抜粋記事】予測不能の有機EL時代の到来 ~ 2017年最大の注目点
【抜粋記事】Googleがシャープと液晶技術を共同開発、AR/VR向け(追記)

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter