東レ、伊ロケット部品メーカーに炭素繊維を長期供給

日本経済新聞
東レ、伊ロケット部品メーカーに炭素繊維を長期供給

toray_logo_image1.png

東レは、イタリアの航空宇宙関連メーカー、アヴィオSpA(ローマ)とロケットに使う炭素繊維を
今年から最長2027年まで供給する長期契約を結んだと発表しています。受注額は数十億円とのこと。

アヴィオはロケット製造世界最大手、欧州アリアンスペースの次世代ロケット「アリアン6」などの開発に参画しており、
主要部品を供給する計画。東レは固体燃料を収める容器「モーターケース」に使う炭素繊維をアヴィオに出荷。
ロケット用の炭素繊維で東レが長期契約を結ぶのは初めてとのことです。

当ブログ関連記事
東レ、軽量・高剛性を両立させた炭素繊維構造材を開発
東レ、機能性繊維素材使った作業者の安全管理サービス開始-着用者の体調を遠隔監視

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter