FC2ブログ

【抜粋記事】アップルからセンサーへ。TDKの大胆なビジネス転換は成功するか

NEWSWITCH
アップルからセンサーへ。TDKの大胆なビジネス転換は成功するか

TDK_new-segment_image1.jpg

TDKは2016―17年の間に総額2000億円を投じ、センサーメーカーなど5社の買収を実施


買収と同時に好調な高周波部品事業を米クアルコムへ売却





TDKは5月、センサーメーカーの米インベンセンスの買収を完了した。買収額は約1500億円で、08年の独エプコスに次ぐ大型買収となった


狙いは成長戦略に位置付けるセンサー事業の強化


シナジーについては、速効性に乏しいことは織り込み済み


工場を持たないながら高い設計力を持ち、センサー製品を組み合わせたモジュールの開発などで大きく貢献するとみられている


直近のTDKの業績はクアルコムへの高周波事業の売却により、約1444億円の売却益を計上した。高周波部品は高い収益が見込める事業だが、業界関係者からは将来を見据えた経営判断として評価する声が聞かれる


TDKは2016―17年に総額2000億円を投じ米インベンセンスなど5社の買収を行ったが、買収した企業の技術力や製品を組み合わせ、新たなソリューションを生み出そうとしている。また、センサー専門の組織を立ち上げるなど企業統治の面でも体制を整えつつある


あらゆる事象を高精度に感知するには、センサーの技術力や、センサーを組み合わせたモジュール製品が重要になる。IoT時代のキーパーツになる点に着目し、この数年でセンサー製品を拡充してきた。ガスや圧力、慣性など保有するセンサーの種類は世界トップクラスとされる


着実にビジネスを進めているが、ガバナンス面には課題もある。短期間で多くの企業を買収したことから、統治の難しさは残る。そこでセンサー事業の専門組織として「センサシステムズビジネスカンパニー」を発足。買収先を同組織に加えることで、一元的な管理と横断的な研究開発を狙う



当ブログ関連記事
ノイズ対策シート、Cuめっき技術で40μm厚に
Galaxy Note 7電池でサムスンSDI排除(追記)
電子部品大手、業績失速。スマホ向け「台数動向が見えない」(追記)

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter