FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【抜粋記事】自動運転専業ウェイモの武器は「LiDAR」、ウーバーと泥沼の係争も

日経テクノロジーオンライン
自動運転専業ウェイモの武器は「LiDAR」、ウーバーと泥沼の係争も

waymo_Chrysler Pacifica Hybrid_LiDAR_image1
ウェイモの自動運転技術を装備したFCAのハイブリッドミニバン「Chrysler Pacifica Hybrid」 。
上部の円筒状デバイスがLiDARである

自動運転を実現するためには、クルマの周囲360度にある物体の形状や距離を測定するセンサーが不可欠である。それが「LiDAR(ライダー)」と呼ばれる、レーザースキャナー


「完全自動運転を実現する本命」と言われることのあるグーグル系のウェイモ。その理由の一つは、低価格のLiDARを独自開発していること




クルマの上部にLiDARを設置することにより、ドライバーの死角にいるクルマや歩行者を検知できる。道路や周囲の建物の形状と3次元地図データを比較し、地図上のクルマの詳細な位置を把握する。その精度はGPS(全地球測位システム)よりも高い。生命線となる3次元地図データはクラウド経由でリアルタイムに更新できる仕組み


ウェイモは、自動車大手との提携に熱心である。自社で開発した製品を、自動車メーカーのクルマに搭載してもらい、そこから様々な情報を入手することで機能・品質の改良を迅速に進めるため


ウェイモは、完成度を高めた自社製品を自動車メーカーなどに外販していく考え


ウェイモが開発している製品とは一体何か。自動運転車に必須となるハード、ソフト、サービスを統合したシステム製品「自動運転プラットフォーム」と呼ぶものだ


同社は2016年12月、ホンダと自動運転技術領域の共同研究に向けた検討を開始したことを発表


ウェイモは、LiDARなどのセンサーや自動運転支援ソフトウエアなどを搭載したホンダの車両を使って公道テストを進める



当ブログ関連記事
【抜粋記事】住民巻き込み自動運転車を開発、公道テストで首位走るグーグル系企業
【抜粋記事】Googleの自動運転車ユニット、Waymoとして独立―クライスラーと提携して事業展開も(追記)

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。