パナソニック、太陽電池工場を再編−来年度黒字化目指す

日刊工業新聞
パナソニック、太陽電池工場を再編−来年度黒字化目指す

Panasonic_solar-cell_Nishikino-hama_plant_image1.jpg

パナソニックは、国内の太陽電池市場の縮小を受け、2017年度中に国内工場を再編する方針を
明らかにしています。住宅関連事業を担当する北野亮専務役員が大阪市内で会見し
「国内のモノづくりのリソースシフトは必要」との考えを示しています。
ソーラー事業は16年度に続き、17年度も営業赤字が続く見通しで、構造改革を進めて
18年度の黒字転換を目指すとしています。



国内の主要工場は島根、大阪(二色の浜)、滋賀の3カ所に立地。二色の浜は一部稼働を停止しており、
拠点集約や閉鎖などの対策が取られる可能性があります。
今後はアジア向けや米テスラ向けなど海外販売に注力。
これにより国内外の販売比率を逆転させ、18年度の海外向けの比率を16年度の
約30%から75%に引き上げる方針です。

また住宅関連は10月以降にパナホームを完全子会社化した後、木造住宅事業の展開を本格化。
現在、パナホームは高価格帯プレハブ住宅が主力となっています。
今後はパナソニックが販売する木造用建材「テクノストラクチャー」を使って、パナホームが普及価格帯に近い
木造住宅を都市圏などで展開する構えのようです。

同時に照明や空調などの技術を生かして住宅商品の高付加価値化も進め、住宅建築元請け事業を強化。
「新築一戸建て着工戸数で国内トップスリーを目指す」(北野専務役員)としています。

当ブログ関連記事
【抜粋記事】窮地の東芝、復調のシャープ、電機8社決算(追記)
【抜粋記事】「パナソニックはコンシューマへ先祖帰りしない」、スマートシティ/モビリティ注力。津賀社長インタビュー(追記)
パナソニック、休止中の太陽電池工場稼働へ。テスラ供給向け

    

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter