【抜粋記事】「後発でも勝機あり」、ジェイテクトがパワーアシストスーツに参入

日経テクノロジーオンライン
「後発でも勝機あり」、ジェイテクトがパワーアシストスーツに参入

jtekt_assist-suits_image1.jpg

ジェイテクトは、パワーアシストスーツ分野への参入に向けて製品開発を始めた





「パワーアシストスーツは国内外の企業が既に展開しているので、今さらと思われるかもしれない。しかし、後発でも十分にやれると判断した」


ジェイテクトは2017年4月に新規事業推進部を新設しており、パワーアシストスーツは新規事業の第1弾という位置付け


先行企業の製品を実際に購入・使用してベンチマーキングを実施したところ、後発でも十分に勝機があるとジェイテクトは判断


ポイントとしては、反力制御などが挙げられるという


「例えば、(ジェイテクトが手掛ける)パワーステアリングでは、運転手のハンドル操作に応じてタイヤの操舵角を適切に制御するが、パワーアシストスーツにもこのような技術を応用できる」(ジェイテクト新規事業推進部部長の竹内真司氏)



当ブログ関連記事
国際ロボット展開催、災害救助ロボやパワードスーツにも視線集まる
三菱重工、原子力災害時などで作業員を補助するパワーアシストスーツを開発
東京理科大学発ベンチャーのイノフィス、重量2割低減した腰支援用装着ロボを発売

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter