FC2ブログ

Samsung SDI、EVバッテリー工場をハンガリーに開設

日経テクノロジーオンライン
Samsung SDI、EVバッテリー工場をハンガリーに開設

SamsungSDI_logo_image1.jpg

韓国Samsung SDI社は、電気自動車(EV)用の先端バッテリー工場を
ハンガリーに開設するとしています。


工場を整備したのは、ブダペストから30kmほど北にあるGoed。2018年第2四半期の操業開始を目指しており、
2017年5月29日に現地で竣工式を行っています。

新工場は、プラズマディスプレーパネル(PDP)を生産していた工場を転換したもので、敷地面積は33万m2。
年間5万台分のEVバッテリーを生産できるとのこと。欧州の顧客への物流コストを低減するとともに、
サービスを充実させていく考えです。
同社は韓国と中国にもEVバッテリー工場を有しており、今後は世界3拠点体制で需要に応えるとのこと。
なお、このハンガリー工場で生産するバッテリーに、同社の最先端技術を初適用する予定としています。

当ブログ関連記事
Galaxy Note 7電池でサムスンSDI排除(追記)
韓国サムスン電子、自動車関連事業の専門チーム設立へ 新収益源を模索
サムスンとLG、曲げられる薄型バッテリの試作品を披露

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter