コンチネンタルが車載ディスプレイに有機EL採用、2018年から量産開発開始(追記)

MONOist
コンチネンタルが車載ディスプレイに有機EL採用、2018年から量産開発開始

continental_car-OLED-display_image1.jpg continental_car-OLED-display_image2.jpg
アクティブマトリクス式有機ELディスプレイパネルを採用した車載情報機器

コンチネンタルは「人とくるまのテクノロジー展2017」において、アクティブマトリクス式有機ELディスプレイパネルを
採用した車載情報機器を出展しています。ディスプレイメーカーと共同で車載用の品質を満たす
有機ELディスプレイパネルを開発。
2018年から量産開発に着手するとしており、市場投入はさらに2~3年後となる見通しです。


有機ELディスプレイパネルを採用し、湾曲した形状の車載情報機器を開発。
タッチ操作と触覚フィードバック、カメラによるジェスチャー検知を搭載しています。
液晶ディスプレイパネルと比較して曲面のデザインを実現しやすく、軽量である点から
有機ELディスプレイパネルを選択したとのこと。
また、黒の発色がよく外観が優れる点や消費電力の低さも採用の理由となったとしています。

コンチネンタルは5~6年前から、ディスプレイメーカーと車載向けに
有機ELディスプレイパネルの共同開発を進めてきていました。

関連記事
日経テクノロジーオンライン:コンチネンタル、有機EL曲面パネル搭載コンソールを量産へ

当ブログ関連記事
有機EL対抗、パナソニック液晶がコントラスト100万対1以上(追記)
JDI、車内空間に溶け込む12.3型曲面液晶ディスプレイ

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter