FC2ブログ

【抜粋記事】テック大手が軒並みスマートスピーカーに参入する理由

NEWSWEEK
テック大手が軒並みスマートスピーカーに参入する理由

Cloud_device_image1.jpg

アメリカではAmazonエコーの独壇場であるスマートスピーカー市場に、IT大手や家電大手が続々参入





ここで注意しないといけないのは、これはスマートスピーカーをめぐる戦いではないということ


恐らく、こうしたデバイスの裏側でデータを解析し、ユーザー一人ひとりに合った受け答えや、サービスを提供するクラウド上のAIの戦いなのだと思う


今は暫定的に「C向け(消費者向け)クラウドAI」と呼ぶ


このC向けクラウドAIには、キッチン、リビングルーム、風呂などの家電機器や、自動車、スマホなどのデバイスがつながる。そしてクラウドAIは、これらのデバイスからのデータを統合し、ユーザーの趣味嗜好、心理状況などを正確に把握するようになる


勝負は、自社のクラウドAIを何人のユーザーが利用してくれるか


勝負の本質がスマートスピーカーではなくクラウドAIであるならば、実は参入しようというプレーヤーはもっと多い


中国の家電大手美的集団は、ボイスで家電機器を操るコンセプトムービーを今年春に公開


スマート家電のほうが、スマートスピーカーよりもユーザーニーズを正確につかむことができる。そういう意味で家電メーカーのほうが(スマートスピーカーを発売するテック大手より)有利


「冷蔵庫や洗濯機にボイス機能を乗せるメーカーもあるが、大型家電は10年に一度しか買い換えない。ボイス搭載したからといって買い換える人などいない。それより、ミキサーやトースターなど、低価格なキッチン家電にボイス機能を搭載するほうがいい」


スマホの次はどんなパラダイムになるのだろうか。これまで多くの人がこのテーマで議論してきた。僕自身、ボイスが次のパラダイムだと思った時期もあった。VRが次のパラダイムだという主張もある


しかしC向け大手テック企業の動きを見ると、どうやら次のパラダイムはクラウドAIであり、ボイスやVRはそのパラダイムの1つの側面に過ぎないことが分かってきた



関連記事
Forbes:スマホの次の必需品、人工知能が切り開く「スマートスピーカー」のある生活

当ブログ関連記事
【抜粋記事】イーロン・マスクのAI新会社「ニューラリンク」がテスラ、スペースXより無謀なワケ
【抜粋記事】中国の3大「AIテクノロジー」企業、1400億円市場を狙う各社の戦略
【抜粋記事】オーディオ、有機EL、AIについてソニー平井社長が語る

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter