【抜粋記事】ここまで来た中国勢、曲がる有機ELやVRからフル画面まで

日経テクノロジーオンライン
ここまで来た中国勢、曲がる有機ELやVRからフル画面まで

SID2017_BOE_TIANMA_logo_image1.jpg

中国のパネルメーカーが、生産能力だけでなく技術力でも、先行する日本・韓国・台湾メーカーを急速に追い上げている




<BOEの曲がる有機EL、VR、フル画面パネル>

折り畳み型は、画面中央部で2つに折れ曲がる5.5型QHD(2560×1440画素)のディスプレー。厚みは0.5mmで、折り畳み部分の曲率半径は4mm



SID2017_BOE_Flexible-OLED_S-curved_image1.jpg

S字型は、画面の2カ所でそれぞれ反対方向に折れ曲がる5.5型QHD(2560×1440画素)のディスプレー。厚みは0.23mm



SID2017_BOE_VR-Display_image1.jpg

VR用途には、2300ppi(2.1型、3240×3600画素)の超高精細パネルを展示


Si基板を用いた超高精細有機ELとして、2275ppiや2000ppiのパネルを展示した。前者は0.41型SVGA、後者は0.5型SVGA


ガラス基板を用いた超高精細有機ELとしては、1000ppi(1.8型、1200×1280画素)のパネルを展示



SID2017_BOE_5p99_FullscreenDisplay_image1.jpg

スマートフォン用フル画面パネルについては、5.99型HDのディスプレーを展示


5.7型UHD(4K)の液晶ディスプレーも展示した。額縁と呼ばれるフレーム(枠)の幅は、左右がそれぞれ0.7mm、上が0.8mm、下が6.2mm



<Tianmaの曲がる有機EL、VR、フル画面パネル>

SID2017_TIANMA_Flexible-OLED_fold_image1.jpg

Tianma社が展示したフレキシブル有機ELディスプレーは、画面中央部で2つに折れ曲がる折り畳み型


5.49型フルHDで、折り畳み部分の曲率半径は3mm


VR用途には、3つの液晶ディスプレーと1つの有機ELディスプレーを展示


液晶は、2.8型1600×1600画素(806ppi)、3.25型1440×1440画素(627ppi)、5.5型で1440×2560画素の3種類


有機ELについては、5.2型1440×2560画素のディスプレーを展示



SID2017_TIANMA_FullScreenDisplay_image1.jpg

スマートフォン用フル画面パネルについては、5.46型フルHDのディスプレーを展示


額縁と呼ばれるフレーム(枠)の幅は、左右がそれぞれ0.5mm、上が0.8mm、下が1.8mm



当ブログ関連記事
【抜粋記事】中小型で有機ELに邁進、中国3社の戦略
有機ELパネル、中国勢が2兆円投資 主要6社、液晶超える市場規模見込む
中国産「有機EL」は大化けするか


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter