【抜粋記事】NEC、2018年事業化に向けてヒアラブル端末を試作

日経テクノロジーオンライン
NEC、2018年事業化に向けてヒアラブル端末を試作

NEC_hearable_device_image1.jpg

日本電気(NEC)は、耳音響認証技術を活用した生体認証機能や、地磁気などを使った屋内位置測位機能を搭載するイヤホン型端末(ヒアラブル端末)の試作機を開発したと発表


2018年初頭の事業化を目指している




ヒアラブル端末とは、耳に装着するイヤホン型の端末で、スマートフォンと連携するなどして音声案内や音声入力・操作などを実現する機器


NECは2つの独自機能を加える


独自機能の1つは、個人により異なる外耳道の形状を反射音を使って測定することで個人の認証とする耳音響認証技術を使った生体認証機能


もう1つは、大型構造物内において鉄骨による地磁気の乱れが固定化されることを活用した屋内位置測位機能


端末で地磁気を測定し、予め用意しておいた構造物内の地磁気乱れマップと比較することで、GPSが使えない屋内でも位置測位が可能となる


インフラ側にビーコンのような追加設備を配置する必要がない


今回の試作機では、加速度センサーとジャイロスコープのデータから移動距離を相対的に把握する技術である歩行者自律航法(PDR)と組み合わせて、屋内での位置精度を高めた


今回の試作機は、マイク、スピーカーに加えて、加速度・ジャイロ・地磁気を各3方向で検知できる、いわゆる「9軸モーションセンサー」を搭載しており、顔の向き、姿勢、移動情報を常時検出



当ブログ関連記事
【抜粋記事】窮地の東芝、復調のシャープ、電機8社決算
【抜粋記事】NECが航空電子を買い戻す
「未知状況下の意志決定支援」目指し、NECと産総研が連携研究室を設立

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter