【抜粋記事】MicrosoftがARメガネを発表。高コントラスト、高解像度ホログラムで乱視も矯正(追記)

GIZMODE
MicrosoftがARメガネを発表。高コントラスト、高解像度ホログラムで乱視も矯正

Microsoft_Holographic Near-Eye Displays_image1

Microsoft(マイクロソフト)の研究機関、Microsoft Research(マイクロソフトリサーチ)が新たなARデバイスを発表




「Holographic Near-Eye Displays」は高コントラストで高解像度、フルカラーのデジタルホログラムを投映可能


HoloLensと違って、横側からレーザーで映像を投映するよう


現在のプロトタイプはグラフィック性能が高いパソコンとの有線接続が必須



Microsoft_Holographic Near-Eye Displays_image2

面白いのが視力矯正機能です。左から通常の視野で表示されたホログラフィック・ディスプレイ、中央は乱視のユーザーが見たとき、右は乱視補正を行なったときのもので、拡大部分のブレが綺麗に補正されています


注視している部分にフォーカスを合わせてなめらかな映像表現ができるのも、新たなホログラフィー技術によるもの


HoloLensの次世代機/マイクロソフトの製品ロードマップを示すものではなく、あくまで技術ソリューションである様子





関連記事
NIKKEI STYLE:AR、VRをつなぐMR マイクロソフトが狙う世界は?

当ブログ関連記事
【抜粋記事】拡大する世界のVR業界 最新の業界マップが公開
アップルのメガネ型AR「Apple Glass」、製造受注はクアンタがリードか(追記)
Oculus、低消費電力LEDディスプレイを開発中の「InfiniLED」を買収


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter