鮮やかな発色性顔料で色が変わる、光学デバイス−名大が開発

日刊工業新聞
鮮やかな発色性顔料で色が変わる、光学デバイス−名大が開発

Nagoya-univ_Photo-device_color-variation_image1.jpg
黒色微粒子をコアにしたシリカ微粒子と高分子電解質の融合体イメージ。
シリカ微粒子の粒径に応じて、様々な色を示す(名大の資料を基に作成)

名古屋大学工学研究科の竹岡敬和准教授らは、鮮やかな発色性顔料で色相が変化する
光学デバイスを開発しています。


カラスの仲間であるステラーカケスなど、角度への依存の少ない青い羽を持つ鳥を参考に、
有機と無機の融合材料を精密に作ったとのこと。シリカなど安価で安全な無機材料と高分子電解質で、
ギラギラ感ある有機無機融合顔料を製造する技術につながるとしています。

鮮やかな色の羽の組織構造と光学的性質の関係を調べた結果、干渉で散乱する構造体の膜圧の制御と、
黒色の背景の双方が重要だと分かったとのこと。
そこで黒色の石英基板上に、直径1μm以下のシリカ粒子で構成したアモルファス集合体を
高分子電解質などの融合で作製しています。

この集合体は膜厚が増えると鮮やかな色を示し、膜厚1-2μmが最も鮮やかだったとのこと。
逆に集合体を背景に黒色の度合いを可変できると鮮やかさを制御できるとしています。

成果は独国際学術誌アドバンスド・マテリアルズに掲載されています。

当ブログ関連記事
【抜粋記事】このカラーeペーパーは、柔軟で厚さはわずか1μm
【抜粋記事】 電子ペーパーがフルカラーになる技術がついに開発される、省電力性はそのまま(追記)
北大、多様な発光色の刺激応答性センサー材料を開発

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter