【抜粋記事】米インテル、自動運転デファクト目指す2つの戦略(追記)

Response
米インテル、自動運転デファクト目指す2つの戦略

intel_logo_image.png

半導体大手のインテルは、米カリフォルニア州サンノゼ市で、自動運転の研究開発拠点となる「アドバンスド・ヴィークル・ラボ・イン・シリコンバレー(Intel Advanced Vehicle Lab in Silicon Valley)」を正式にオープン




インテルは、2016年6月に独BMWとイスラエルの画像認識に関するベンチャー企業のモービルアイ(Mobileye)との連携、また12月には自動車部品大手の米デルファイとの業務提携を発表している


2017年に入ると、1月には地図開発の世界最大手である独Hereの発行株式の15%を取得


日系メーカーの開発幹部は「インテルが本気で自動車の走行性能やデータ解析の領域に参入してきたことで、業界図式が大きく変わる可能性があり、我々としても戦々恐々している」と語っている


リンカーン『MKS』では完全自動運転における、顧客へのサービスを実証。スマートフォンで完全自動運転車を呼び、MKSが到着すると、後席ドア上部のディスプレイに「ようこそ○○さん」とメッセージを表示。そこにスマートフォンをかざすとドアが開錠される。後席に座ると、大型のディスプレイに4桁の暗証番号を打ち込む。すると、事前に登録した行先が地図で表示され、OKボタンを押すと自動運転が始まる仕組み



関連記事
(17/06/07追記)
BUSINESS INSIDER:1.7兆円巨額買収したインテルの「危機感」——AI自動運転開発になぜ参戦したのか?

当ブログ関連記事
インテル、ドローン技術のAscending Technologiesを買収へ(追記)
インテル、中国のドローン企業に出資(追記)

    

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter