スタンフォード大、生分解性の有機半導体と基板を開発

PC Watch
スタンフォード大、生分解性の有機半導体と基板を開発
~人体に埋め込み可能な電子デバイスの実現に向けて前進


Stanford-univ_polymer_devices_image1.png

米スタンフォード大学のZhenan Bao教授が率いるグループは、折り曲げが可能で、生分解性のある
半導体を開発したと発表しています。


Bao教授は化学および素材技術を開発しており、過去には人間の皮膚に適用可能な、引き伸ばし可能な
導電性プラスチックのポリマー電極を開発。しかしこの素材は生分解不可であり、人体に埋め込むような
アプリケーションに制限が生じていました。
今回Bao教授らは、生分解可能な電気回路と、電気部品を取り付けるための生分解性基材(基板)を開発。
これにより構成されたデバイスが必要なくなれば、全体が生物分解によって無毒成分に変わるようにできるとのこと。

半導体を担う部分は、電子を運ぶ特別な化学結合のポリマーを採用。
この化学結合は酸に弱く、酢を使って1週間で溶かすことが可能。一方、基板は人体にとって無害な鉄と
セルロースによって構成し、容易に分解できるようにしています。

この技術により、血圧、血糖値、汗などを測る使い捨てデバイスの実現が容易になるほか、
今後は生体適合性に関する研究を進め、埋め込み型デバイスへ応用可能かどうかについて
調査を進めるとしています。

当ブログ関連記事
眼球に電子デバイス埋め込み視力改善、グーグルが特許出願(追記)
豊橋技科大,脳に送電するフィルムデバイスを開発(追記)
東大、体に貼り激しく動いても剥がれない生体情報計測向けシート型センサーを開発

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter