【抜粋記事】シャープ“公約通り”下期黒字化を達成--再生は道半ば、真価問われる2017年

CNET
シャープ“公約通り”下期黒字化を達成--再生は道半ば、真価問われる2017年

Sharp_sakai-plant_HQ_office_image1.jpg

シャープは、2017年3月期(2016年4月~2017年3月)の連結業績を発表




売上高は前年比16.7%減の2兆506億円、営業利益は前年同期の1619億円の赤字から624億円の黒字に転換。経常利益は前年同期の1924億円の赤字から改善し、250億円の黒字。当期純損失は前年同期の2559億円の赤字から回復したが、マイナス248億円の赤字となった



Sharp_2017_3_Q4_outline_image1.jpg
2017年3月期第4四半期連結業績概要

下期(2016年10月~2017年3月)は、売上高が1兆1309億円と前年同期比を下回ったものの、営業利益は623億円、経常利益は571億円、当期純利益は205億円と、鴻海傘下での経営再建において公約した通りに、下期の最終黒字化を達成



Sharp_2017_3_Q4_outline_image2.jpg
2017年3月期第4四半期連結業績概要

ディスプレイデバイスの売上高は22.5%減の8420億円、営業利益はマイナス1772億円の赤字から回復し、35億円の黒字


「有機ELパネルの開発負担があったが、構造改革の効果で、営業利益は大幅に改善した。鴻海との連携により、国内、中国向けにテレビのラインアップの拡充などの効果もある」


有機ELパネルは、2018年度第1四半期に商用生産を開始する予定であり、それに向けて準備が着実に進んでいることを示した



Sharp_2017_3_Q4_outline_image3.jpg
成長軌道への転換~構造改革から事業拡大へ~

Sharp_2017_3_Q4_outline_image4.jpg
新生シャープの方向性

2017~2019年は、家電メーカーから、人に寄り添うIoT企業を目指へとトランスフォーメーションを進めており、そのなかでスマートホーム、スマートオフィス、スマートファクトリー、スマートシティへの取り組みにより、スマートな社会を実現することになる。これが新生シャープの方向性である



当ブログ関連記事
【抜粋記事】鴻海・シャープ連合、液晶パネル合弁で約600億円の赤字
鴻海・シャープ、インドに液晶パネル工場検討
シャープのディスプレー事業、怒濤の拡大戦略へ

    

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter