有機ELに大規模投資へ、サムスンディスプレー

NNA ASIA
有機ELに大規模投資へ、サムスンディスプレー

Samsung-Display_flexible-dispkay-plant_image1.jpg

韓国のディスプレー大手、サムスンディスプレーが有機ELパネルの設備投資を開始したと報じられています。
今年の投資は最大10兆ウォン(約1兆ウォン)程度と予想されており、昨年並みの大規模な投資により、
有機ELの需要急増に対応するとしています。


サムスンディスプレーは最近、第7世代の液晶パネルを生産していたラインを第6世代のフレキシブル有機ELの
生産ラインに転換するための投資に着手しています。早ければ今年の10~12月期に稼働し、
月3万枚程度の生産能力を確保する見通し。
来年追加投資すれば同年末には月4万5,000枚程度に拡大する可能性もあるとのこと。

また、今年は別のフレキシブル有機ELの生産ラインを増設するとのこと。
生産能力は昨年末時点の月3万~4万5000枚から12万~13万枚に引き上げられると観測されています。
このほか、ベトナムのモジュール工場に対しても設備投資を行うとのこと。

中小型のフレキシブル有機ELは需要が急増している。
米アップルが有機ELディスプレーのスマートフォンの量産を開始したとされており、
発売が近いサムスン電子の新型スマホにも有機が用いられるとされています。

当ブログ関連記事
Samsung、折りたたみスマホをQ3に10万台超投入か
有機ELパネル、中国勢が2兆円投資 主要6社、液晶超える市場規模見込む
サムスンが1兆円先行投資か、iPhoneディスプレーで-関係者

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter