8K有機EL、小型から大型までの製造技術を確立

NEWSWITCH
8K有機EL、小型から大型までの製造技術を確立
半導体エネ研、技術供与先を探し医療など幅広い用途で実用化目指す


SEL_13p3_8K_OLED_image1.jpg
13.3インチの8K有機ELディスプレー

半導体エネルギー研究所は、「8K」の有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)ディスプレーについて、
一つの工程で十数インチの小型から75インチ以上の大型まで幅広く製造できる技術を確立したとしています。


独自の駆動回路技術を採用することで、小型化に伴う画素の高密度化と、大型化する際の映像ムラの低減を実現。
今後、技術の供与先を探し、医療分野など幅広い用途で実用化を進めるとのことです。
今回、有機EL発光層からの光を基板側から取り出す「ボトムエミッション方式」でパネルを作る技術を確立。
同方式は製造工程が比較的簡単で、基板の大型化にも対応できるとしてます。

従来、同方式は発光効率が低い点が課題となっていました。
開発した製造技術は面積当たりの発光率を示す開口率について、発光効率の良い「トップエミッション方式」と
同程度の25.9%程度に高めています。また既存技術では13枚必要だったフォトマスクを10枚に削減。
製造コストの低減につなげられるとしています。

このほどボトムエミッション方式による製造技術で、13.3インチの8K有機ELパネルを開発。
電子移動度が高く、小さなトランジスタで大電流を流せる独自の酸化物半導体「OSFET」を駆動回路に採用。
1インチ当たりの画素数を664に高め、小画面での8Kを実現したとのこと。

当ブログ関連記事
有機ELと反射型液晶を統合、屋外でも見やすく低消費電力 半導体エネルギー研究所が開発
JDIが半エネ研と提携、有機EL用酸化物半導体の開発を推進
3つに折り畳める有機ELディスプレイ、半導体エネルギー研究所が展示


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter