日本航空電子、車載向け曲面タッチパネル量産-今夏から昭島で

日刊工業新聞
日本航空電子、車載向け曲面タッチパネル量産-今夏から昭島で

nihonkoukuudenshi_flex-touchpanel_image2.jpg
今夏から量産を始める車載向け曲面タッチパネル

日本航空電子工業は2017年夏をめどに車載向け曲面タッチパネルの量産を始めるとしています。
光が反射しても見やすい高感度のパネル用フィルムセンサーを開発、
すでに大手自動車メーカーから受注したとのこと。昭島事業所で生産し、既存製品のラインアップも拡充。
これらの新製品投入などでパネル事業の売上高を20年度までに15年度比約20%増の
100億円に引き上げる方針としています。


車載用静電タッチパネルは同社のパネル事業の主力製品で、世界トップシェアを誇っています。
近年、車載用パネルは扱う情報量が増え、大型化が進んでいます。
自動車の平面部分はそれほど多くなく、パネルの大型化には曲面化が必須になるとみられています。

競合他社も大型化の対応を進めていますが、さまざまな角度から見た場合の視認性の低下や
光で反射して見えないなどの課題がありました。日本航空電子は酸化インジウムスズ(ITO)を使わない
高感度のフィルムセンサーを開発。17年夏までにフィルムセンサーの生産体制を整え、
同センサーを用いた車載用曲面タッチパネルの量産を始めるとのことです。

車載用タッチパネルは後部座席をはじめ、これまでとは異なる場所に設置され、
1台当たりの採用数が増えています。
同社は後部座席周辺やドアなど設置場所に合わせて、違和感のないデザインを提案していくとのこと。

曲面化と並行して既存製品のラインアップも、2倍に増やすとしています。
17年3月までに制御回路を付けない安価なタイプや全面透明タイプなどを加える計画です。

当ブログ関連記事
タッチパネル市場はフレキシブルと車載が競争軸に
SMK、銅メッシュセンサーを使う大型曲面対応のタッチパネル
日本航空電子、車載用曲がるタッチパネル展開-フィルムに電極施す

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter