【抜粋記事】なぜiPhoneは有機ELを採用するのか? 2017年モデルの製品像を考察

日経テクノロジーオンライン
なぜiPhoneは有機ELを採用するのか?
2017年モデルの製品像を考察


iphone7_jetblack_image1.jpg

米Apple社が「iPhone」に有機ELディスプレーを採用するという報道が出てから、およそ1年が経過した。同社は現在、iPhoneの2017年モデルに有機ELディスプレーを搭載する方向で、様々な準備を進めているとみられる。


今回は、おぼろげながら見えてきた製品像を考察することで、iPhoneが有機ELを採用する理由に迫る。




2017年のスマートフォン市場では、画面の3辺もしくは4辺の外枠(額縁)の幅を徹底的にスリム化した“フル画面端末”が大きなトレンドになりそうだ


外枠の幅が極めて細い「フレームレス」と呼ばれる構造は、液晶パネルでも開発が進められている。


ジャパンディスプレイは2017年第2四半期ごろから、中国の端末メーカーなどに同様のディスプレー(同社は「FULL ACTIVEディスプレイ」と呼ぶ)を供給する計画


>ジャパンディスプレイ、液晶パネルの縁を極細に スマホ向け

一方、有機ELディスプレーでは、左右の側面を湾曲させて表示領域を広げた「デュアル エッジスクリーン」が、韓国Samsung Electronics社の端末を中心に採用されている。


Apple社がiPhoneに有機ELディスプレーを採用することによって、3辺もしくは4辺の額縁幅をほぼゼロにしたフル画面端末が登場すると期待される




スマートフォンの進化の中で、指紋や虹彩などの生体情報の認証の重要性が増している。


従来のiPhoneは、筐体前面の下部に設置されたホームボタンに指紋センサーを内蔵していた。しかし、フル画面端末では筐体全面がディスプレーとなるため、物理的なホームボタンを配置することが困難になる


そこで考えられるのが、画面上で指紋認証を行うシステムの実用化


画面のどこをタッチしても認証できる全画面認証システムと、部分的な画面点灯や画像表示によってタッチする場所を指定する認証システムがある


後者の部分的な認証システムでは、光学センサーをパネル下(裏)に設置し、センサー設置部に疑似ボタンを表示・点灯させてタッチ位置を誘導、そこをタッチした時点で指紋認証を行うというシステムを組むことができる



関連記事
CNET:次期iPad/iPhoneはホームボタンを廃止か--Appleニュース一気読み
CNET:未来の「iPhone」なのか--アップルが折りたためるデバイスの特許を取得
CNET:次期「iPhone」は有機ELとワイヤレス充電で買い替え進む--著名アナリスト


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter