スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャープのディスプレー事業、怒濤の拡大戦略へ

NEWSWITCH
シャープのディスプレー事業、怒濤の拡大戦略へ
鴻海が中国へ1.5兆円の大規模投資。「8K」製造

SDP_sakai_image1.jpg
堺ディスプレイプロダクト

台湾・鴻海精密工業は2016年末に子会社化した「堺ディスプレイプロダクト」(SDP、堺市堺区)を通じ、
19年に中国広東省広州市で総額610億人民元(約1兆200億円)を投資する
大型液晶パネル工場を稼働するとしています。
10.5世代と呼ばれる大型ガラス基板を採用し、フルハイビジョンの16倍の解像度の「8K」ディスプレーを製造。
年産能力は最大で920億元(約1兆5400億円)相当に達するとしています。


SDPと広州市が、同市の増城区に8Kディスプレー関連の工場集積地を建設する枠組みに合意。
SDPは鴻海傘下で経営再建中のシャープと共同運営していた大型液晶工場。
鴻海は16年末にSDPへの出資率を引き上げて株式の過半を取得しています。

17年以降はSDPからサムスン電子などに供給してきたパネル外販を減らす方針で、
大型液晶とテレビ事業で攻勢に出る形。18年度中にSDPのパネルを使った8Kテレビをシャープから発売し、
テレビ販売を1000万台に延ばす計画です。

大型液晶パネル市場は韓国サムスン電子が工場を閉鎖して、有機エレクトロル・ミネッセンス(EL)パネルに
シフトする影響などで、足元の需給が逼迫しています。
ただ、18年以降は中国で大型液晶工場が次々と立ち上がる見通しで、供給過剰になるとの見方もあります。

<鴻海は堺ディスプレイプロダクトを子会社化>

台湾・鴻海精密工業グループは、シャープと共同運営する大型液晶工場「堺ディスプレイプロダクト」
(SDP、堺市堺区)の株式の過半を取得して子会社化しています。

2016年12月28日、郭台銘鴻海会長の投資会社がシャープ保有のSDP株の一部を約171億円で買い取り、
議決権保有割合を39.88%から53.05%に引き上げています。鴻海は主導権を握って経営判断を迅速化し、
ディスプレーパネルやテレビなどの事業戦略を加速する見込み。

同投資会社はSDPに別途約349億円を間接出資し、出資比率をさらに引き上げ。
SDPは鴻海とシャープが同比率を出資して共同運営していますが、液晶パネル価格低下の影響で
足元の業績は赤字状態で、資金難に陥っていました。

SDP立て直しのため鴻海とシャープは2017年以降、サムスン電子など大口顧客へのパネル供給を停止し、
拡販を計画するシャープ製テレビに使用する方針を決めています。
有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)パネルの生産でもSDPを活用するほか、鴻海が検討を進める
中国の新大型液晶工場の立ち上げにもSDPの技術が必要になります。
鴻海はSDPの経営権を握り、グループ全体の成長戦略の加速につなげる狙いがあると見られています。

関連記事
日本経済新聞:鴻海、シャープとの液晶合弁を子会社化 追加出資520億円
共同通信:鴻海、中国広州に液晶パネル工場
Ascii:シャープはもう大丈夫だと安心させるため、戴社長が抱く秘策は?

当ブログ関連記事
中国で有機ELパネル量産 鴻海・シャープ検討、19年にも
シャープ、16年度営業黒字化の予想 鴻海と相乗効果(追記)
シャープ:有機EL供給へ向け米アップルと協議-関係者

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。