リチウム電池の寿命が12倍向上。安永が正極板で新技術を確立

NEWSWITCH
リチウム電池の寿命が12倍向上。安永が正極板で新技術を確立
車載や蓄電池の採用目指す

Yasunaga_EV_LIB_image1.jpg

安永は電気自動車(EV)などに使われるリチウムイオン二次電池(LIB)で、正極板の集電体と活物質の
結合を高める技術を確立したとしています。活物質がリン酸鉄リチウムの場合、電池の寿命が従来の12倍以上と
なることを評価試験で確認。今後、ユーザー評価も踏まえて、同技術を活用した電極板製造装置の普及を図るとし
車両用はもとより家庭やビルに設置する蓄電池での採用も目指すとしています。


同社はエンジン部品と工作機械が主力で、2012年に二次電池市場に参入。LIBの集電体への塗工や乾燥を
一貫して行える電極板製造装置を開発し、集電体からの活物質の剥離などが原因とみられる電池の性能劣化を
抑える技術開発を進めてきています。

同社は集電体と活物質との密着性を高めることに着目。微細加工を施した金型で下地となる集電体に
多数の穴と凹凸を設け、活物質を塗工・乾燥させて幅500μm以下の溝を表面に形成する技術を考案。
これで電極板の表面積が増え、アンカー効果で集電体と活物質の密着性が高まり剥離に強くなる。
その後、別工程でプレスし表面を平らにする。

第三者による耐久性評価試験では、正極の活物質にリン酸鉄リチウムを用いた場合、
3000回の充放電サイクルで従来の技術と比べ12倍以上の電池寿命が確認できたとのこと。
活物質がリン酸鉄リチウム以外のタイプにも応用可能。
今後は「負極側でもこの技術を応用し、さらに電池寿命が伸びるか検証を進めていく」
(稲田稔常務)方針とのこと。

二次電池は高出力化や長寿命化などの開発が進んでおり
安永の新技術は電池の高性能化につながると期待されています。

当ブログ関連記事
【抜粋記事】 電池内部の反応不均一現象の発生要因を解明
車載二次電池市場は2025年に10倍以上の6兆円へ
日立、全固体リチウムイオン二次電池の内部抵抗を低減する技術を開発

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter