パナソニック、完全自動運転の超小型EV開発へ。1-2km程度の移動手段に

NEWSWITCH
パナソニック、完全自動運転の超小型EV開発へ。1-2km程度の移動手段に
2020年めど。中低速域に有用な技術を重視

Panasonic_EV_mobility_image1.jpg
パナソニックが開発中の自動運転システムの検知イメージ

パナソニックは2020年にも、スマートタウンなど限定エリア内の移動手段向けに完全自動運転の
超小型電気自動車(EV)を製品化するとしています。自動車メーカー向けに開発する自動運転システムを応用し、
市街地の一定エリアや商業施設敷地内などで区間往復する人や荷物の運送サービス事業など向けを想定。
自動車メーカーと競合しない1-2km程度の移動手段を狙うとしています。


システム開発では車載カメラや強みの画像処理技術、人工知能(AI)のディープラーニング(深層学習)などを
用いて自動運転する小型試験車を複数台、製作。時速40㎞以下の走行をメーンとするとのことです。

すでに自社のテストコース(横浜市都筑区)で試験走行を始めています。16年度内には公道に近い環境がある
本社・西門真地区(大阪府門真市)で実験に入り、17年度中の公道試験も計画。

自動車や大手部品メーカーは高速域の自動運転実現に向け、前方検知へ特に注力しています。
一方、同社は前方に加え、側面や後方検知を重視した中低速域に有用な技術も重視。
渋滞時や人で混雑する場所でも安全を確保しつつ走行できるようにするとしており、
後方から高速で追い越そうとする車の検知機能も開発するとのこと。

さらに周囲の人や自転車などの動きも予測。夜間や大雪、濃霧でも人や自転車を高精度に検知。
側面と後方の10m範囲を重点検知し、中低速での事故をなくすのが目標とのことです。

新たに実験を始める本社・西門真地区は甲子園球場10個分の広さで道路やトンネルもあります。
数千人の従業員が働き、自転車なども行き交っています。電柱にすでに設置してある小型カメラや歩行者が持つ
特殊な通信端末と試験車が通信し、安全運転を支援する路車間や歩車間通信も実証するとのこと。

培った自動運転技術は農業機械や鉱山用ダンプ、物流施設向け車両などへの
無人走行システムとしても提案するとしています。

当ブログ関連記事
有機EL対抗、パナソニック液晶がコントラスト100万対1以上
米テスラとパナソニック、太陽電池生産で提携(追記)
パナソニック、大型タッチパネルを製造しやすくなるフィルム材料を製品化

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter