タッチパネル市場はフレキシブルと車載が競争軸に

NEWSWITCH
タッチパネル市場はフレキシブルと車載が競争軸に
サプライチェーンの構築の仕方が技術進化にとって重要

Nihonkokudenshi_touchpanel_image1.jpg
日本航空電子の公式ホームページより

タッチパネル市場はスマートフォン向けが80%を占めていますが、一方でスマホ市場の伸び率は
鈍化傾向にあります。この影響を受けているのが、ディスプレーにタッチパネルを外付けする「アドオン型」です。


さらに、センサーをディスプレーに内蔵する「エンベデッド型」の需要が伸長しており、
アドオン型のパイを奪い取っています。エンベデッド型は当初、高価格帯スマホに採用されていましたが、
2015年には中価格帯以下まで普及。現在30%程度の搭載率は、20年には50%まで伸びる見通し。

tatchpanel_marcket_image_13-20_image2.jpg

市場では価格競争が激化しており、大規模に投資してきたタッチパネルメーカーほど厳しい状況に置かれています。
付加価値向上が業界のテーマになる中、注目されているキーワードが「フレキシブル」と「車載」です。

フレキシブルでは、有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)ディスプレーへの対応が当面の課題。
耐熱性や樹脂系技術の導入が必要で、ハードルは高いものとなっています。
例えば韓国サムスン電子のスマホはエンベデッド型を採用していましたが、生産技術の難しさから
フレキシブル有機ELでは当初アドオン型を採用しています。

ただアドオン型は価格競争に陥りやすいため、タッチパネルメーカーやディスプレーメーカーとしては
避けたい意向があります。エンベデッド型でも採用してもらえるよう、フレキシブルへの技術対応を行う方向です。

Nihonkokudenshi_touchpanel_all-transparent_touch_image1.jpg
(日本航空電子の全面透明タイプの車載用タッチパネル)

フレキシブル対応で開発されているのはバリアーフィルム一体型やカバー一体型、偏光板一体型。
バリアーフィルム一体型は韓国LGディスプレーが採用しているものの、部材削減へのニーズが強く、
バリアーフィルムをなくしたいのが本音だろうとみられています。

カバー一体型は車載や高級スマホの一部で採用が検討されているようです。
偏光板一体型の製品化は見えてこないとのこと。ただ18年頃には有機ELの本格普及と連動し、
タッチパネルの新技術が台頭してきそうだとされています。

車載向けでは高温、高湿、振動、温度変化への耐性が重要です。また有機材料から発生するガスに対応した
粘着剤も必要になります。これらの技術力に加え、自動車業界独特の商習慣や開発・保証期間の長さへの対応が
差別化の要素になるだろうとのこと。

市場の低迷などが課題になる中、タッチパネルメーカーは独自技術が求められています。
ディスプレーメーカーとの開発段階での連携や、サプライチェーンの構築の仕方が技術の進化にとって重要です。
特にアドオン型は新技術の創出で付加価値が高まれば、需要が回復する可能性があるとのこと。

SMK_1-34_curbed_touchpanel_image1.jpg
(SMKの10-34インチ曲面タッチパネル)


当ブログ関連記事
タッチパネルO-film、ソニーの広州生産基地を買収
鴻海傘下GIS、成都に有機ELタッチセンサー工場 iPhone向けか
タッチパネル「混乱期だからこそチャンス」

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter