有機EL対抗、パナソニック液晶がコントラスト100万対1以上(追記)

日経テクノロジーオンライン
有機EL対抗、パナソニック液晶がコントラスト100万対1以上

Panasonic_new-IPS-LCD_high-contrast_image1.jpg
映像表示の比較のイメージ

パナソニック液晶ディスプレイは、同社従来品に比べて600倍となる、コントラスト100万対1以上の
IPS液晶パネルを開発したと発表しています。有機ELとの比較において弱点とされる、
まばゆい光や黒の表現力を大幅に改善。同社は、放送、映像制作、医療、車載向けなどのハイエンドモニター用途を
想定しており、2017年1月にサンプル出荷を開始しています。


放送局や映像制作スタジオで使用されるHDR(High Dynamic Range)対応モニターや、忠実な映像表示が
求められる医療用モニター、明瞭な視認性が求められる車載用モニターの用途では、まばゆい光から漆黒の黒までを
表現できる高コントラストのディスプレーが求められます。しかし、従来の液晶パネルは、バックライト光量を増やすと
暗部が白っぽく見える黒浮きが発生し、光量を減らすと明所のきらめき感が損なわれるという課題がありました。

<新開発の調光セルで、光漏れを大幅低減>

この課題を解決するために、パナソニック液晶ディスプレイは今回、画素ごとにバックライト光量を制御できる
新開発の調光セルを、液晶パネルの表示セルとバックライトの間に組み込んでいます。
これにより、バックライトからの不要な光漏れを大幅に低減。この結果、最大輝度1000cd/m2、
最小輝度0.001cd/m2のコントラスト100万対1を実現しています。

調光セルには、表示セルで使用される液晶材料とは光透過特性が異なる液晶材料を使用。
また、表示セルと調光セルはそれぞれ独立制御しています。調光セルの開発では、1000cd/m2実現のための
高輝度バックライトの強い光を受けても長期にわたって安定動作が可能な耐光性の高い材料を新たに開発し、
さらにセル構造も工夫したとのこと。

Panasonic_new-IPS-LCD_high-contrast_image2.jpg
開発品と映像表示イメージ

液晶パネルの特徴の1つは、安定生産で実績のある装置・設備で、多様な画面サイズの製品を製造できること。
パナソニック液晶ディスプレイの第8.5世代(G8.5)の製造ラインでは、「10型から100型までの製品展開が可能であり、
放送、映像制作、医療、車載といった多様な用途に適した画面サイズのパネルを提供できる」(同社)としています。

Panasonicニュースリリース
業界初コントラスト100万対1以上の新型IPS液晶パネルを開発

関連記事
ITmedia:コントラスト比100万:1以上の新型IPS液晶パネル、パナソニックが開発――まずは放送・医療などの分野から
(17/02/08追記)
CNET:パナソニック、コントラスト100万対1以上の新型液晶を開発

当ブログ関連記事
米テスラとパナソニック、太陽電池生産で提携(追記)
パナソニック、大型タッチパネルを製造しやすくなるフィルム材料を製品化
18年度までの戦略投資「変わらず」=片山パナソニック役員

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter