【抜粋記事】ジャパンディスプレイ・有賀社長、シート型液晶にめど 有機ELに対抗

日刊工業新聞
ジャパンディスプレイ・有賀社長、シート型液晶にめど 有機ELに対抗

JDi_bended_LCD_image1.jpg

ジャパンディスプレイ(JDI)が液晶ディスプレーの技術進化を成長の軸に据える方針を打ち出した。有賀修二社長兼最高執行責任者(COO)に、液晶ディスプレーの勝算や今後の展望を聞いた。




―液晶重視を決めた1番の理由は。
「樹脂フィルムを使ったシート型ベンダブル(曲げられる)液晶を形にできたことにある。年明けごろから液晶の強みと弱みを検証し、曲げられない点が唯一の弱点だと認識した。特に課題だったのがバックライトの対応だったことから、サプライヤーと開発を進め、技術の確立にめどを付けた。」


―具体的なロードマップは。
「17年に4編を狭額縁化し異形状にも対応する液晶パネルを投入するほか、18年には低消費電力でベンダブルタイプのシート型液晶を投入する。19年にはフレキシブルにも対応したい。」


―シート型液晶パネルの量産に向けた体制をどう構築しますか。
「サプライヤーの間でも有機ELに置き換わることに危機感が高まっている。基板となるフィルムから偏光板、薄いフィルムを貼り合わせるモジュール工程など、日本の製造装置メーカーと組んでサプライチェーンを構築したい。」


―量産拠点や投資に向けた資金計画を教えてください。
「どこで量産するかはこれから検討する。投資も必要だが、有機ELの蒸着装置に比べれば(液晶投資への)額は10分の1だ。」


―勝算はありますか。
「フレキシブル有機ELに比べて、シート型液晶は消費電力とコストを半減できる。同程度の厚さも可能だ。まずは量産を第1の目標に掲げ、課題解決を加速する」


―フレキシブル液晶陣営の拡大に向け、ライセンスビジネスを行う可能性は。
「スマートフォン向け以外の事業が増えて収益基盤が安定すれば、一つの可能性として考えられる」



当ブログ関連記事
見開ける液晶、JDIがスマホ向け 来夏発売
ジャパンディスプレイ、液晶パネルの縁を極細に スマホ向け
液晶ディスプレーを曲げる、折りたたむ ジャパンディスプレイなどが開発

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter