【抜粋記事】有機ELの光取り出しから、超伸縮、高耐熱・無延伸まで

日経テクノロジーオンライン
有機ELの光取り出しから、超伸縮、高耐熱・無延伸まで

GOYO-shiko_logo_image1.jpg
http://www.goyoshiko.co.jp/

関西高機能フィルム展報告、防水・防湿加工紙を製造・販売する五洋紙工を取り上げる


同社は、小型テストラミネート機や混練機を駆使し、押出ラミネートフィルム加工によるテスト品試作や各種混練機による樹脂ブレンドで独自の樹脂開発を行い、機能性押出ラミネート製品や機能性フィルム製品の研究開発を行っている




ミクロン単位の微細形状をフィルム表面にロール・ツー・ロール(R2R)で精密賦型する



GOYO-shiko_pla-pattern_image1.jpg
精密腑型の一例

同社のフィルム表面の微細形状とフィルム内光拡散を最適化した有機EL光取り出しフィルムを素子上に貼ることで、光取り出し効率と発光色角度依存性を大幅に改善できる



GOYO-shiko_OLED_right_film_image1.jpg
光取り出しフィルムの効果

GOYO-shiko_OLED_right_film_image2.jpg
有機ELパネル単体と光取り出しフィルム付きの特性比較

同社のLED照明用拡散フィルムを用いた「Dual Lens Sheet(DLS)」は、直管形LED照明の光源の眩しさ緩和と省エネルギーを両立させることができるポリカーボネート(PC)製のLED照明用光拡散フィルム



GOYO-shiko_DLS_image1.jpg
DLSの構成

GOYO-shiko_DLS_image2.jpg
LSの有無による眩しさの違い

プリズムシートの形状と用途を示した。プリズム頂角と背面形状・フィルム厚さの組み合わせで、用途に合った光学特性を選択することができる。ポリカーボネート単層構造のため、耐熱性が要求される用途での使用に適している



GOYO-shiko_prizum_sheet_image1.jpg
プリズムシートの形状と用途

超伸縮フィルムは、柔軟性が高く、抜群の伸縮性を持つ透明フィルムである。破断伸度は1000%を超え、2倍以上伸ばしても98%以上の復元率を持つ。また、オゾンや紫外線に対する耐久性、広範な温度領域での電気特性に優れている



GOYO-shiko_Super stretch_film_image1
超伸縮フィルムの特性と写真

高耐熱ポリカーボネートフィルムは、透明性が良好で、従来のポリカーボネートに比べてガラス転移点が高く、耐熱性に優れている。無延伸フィルムなので複屈折による虹ムラが発生しにくく、ディスプレー用途での使用が期待されている



当ブログ関連記事
【抜粋記事】有機ELと3Dの進化をけん引するディスプレー部材
サムスンは発火したけれど・・化学各社、フレキシブル有機EL向け部材へ参入相次ぐ
【抜粋記事】フレキシブルデバイス用の基材技術に注目

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter