【抜粋記事】中小型で有機ELに邁進、中国3社の戦略

日経テクノロジーオンライン
中小型で有機ELに邁進、中国3社の戦略

China_smartphone_market_image.png

中国で中小型ディスプレーに特化して事業を進めている3社が、ディスプレーの国際カンファレンス「Display Innovation CHINA 2016/Beijing Summit」に登壇。Tianma Micro-electronics Group社(天馬微電子集団)、EverDisplay Optronics(Shanghai)社(EDO、上海和輝光電)、Visionox社(維信諾)系のKunshan Govisionox Optoelectronics社(GVO、昆山国顕光電)。
EverDisplay社とGovisionox社は有機ELパネルの専業メーカー。Tianma社もこれまでのLTPS TFT液晶の技術を基に有機ELパネルも積極的に開発しており、3社いずれも既に量産している。






Tianma_midium-small-siplay_market_image1.jpg
Tianma Micro-electronics Group社VicePresidentのYing Dai氏は、スマートフォンから車載機器やヘッドマウントディスプレー(HMD)など、今後の中小型ディスプレイ市場に対する展望を述べ、ミドルレンジからハイエンドの市場を目指した製品で勝負していく意気込み


上海にある同社の生産ラインはフル稼働状態であり、アモイおよび武漢にあるLTPS TFTの生産ラインも順調に立ち上がったという。今後のフレキシブル有機ELに対しては、技術的な難しさに言及しながらも、「これまで積み重ねてきた技術があり、既に獲得している幅広い顧客とともに中小型分野でのあらゆる市場に対応していく」




EverDisplay_OLED-massproducts_image1.jpg
EverDisplay Optronics(Shanghai)社Vice PresidentのAustin Jwo氏「有機ELの技術的障壁は高いが、先行する企業に追いつくために努力しており、会社設立2年で量産レベルに到達した」ことを紹介


今後は、多くのメーカーが有機ELに参入し、競争が厳しくなると同社は予想。投資コストに関しては液晶よりも有機ELの方が1.5倍ほど高いことを指摘し、コスト低減の必要性を訴えた。最後に、2018年末の稼働を目指した、フレキシブル有機ELを生産する第2期ラインを紹介した。




Govisionox_OLED_massproducts_image1.jpg
Kunshan Govisionox Optoelectronics社(GVO)でVice Presidentを務めるXiuqi Huang氏、現在は、スマートフォーンやスマートウオッチ用パネルを市場投入しており、車載用も評価中。今後のフレキシブル有機ELの開発も既に進めており、曲率3mmで180度の折りたたみが可能なパネルも開発済み。



当ブログ関連記事
中国で有機ELパネル量産 鴻海・シャープ検討、19年にも
【抜粋記事】ディスプレー強国へ、世界一を目指す中国の戦略
中国産「有機EL」は大化けするか

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter