パナソニックプラズマディスプレイ解散 負債5000億円、製造業で過去最大

ITmedia
パナソニックプラズマディスプレイ解散 負債5000億円、製造業で過去最大

panasonic_amagasakiplant.jpg

パナソニックは16年10月31日、プラズマディスプレイ(PDP)生産を手掛けていた子会社の
パナソニックプラズマディスプレイを解散すると発表しています。
11月1日付けで大阪地裁に特別精算を申請。負債はパナソニック1社に対して約5000億円。
パナソニックは債権を放棄するとのこと。


負債5000億円は2012年に会社更生法を申請したエルピーダメモリの負債額(4480億円)を上回り、
製造業の倒産では過去最大とのこと。

パナソニックプラズマディスプレイは00年創立。PDP関連製品を製造し、親会社・パナソニックに販売していました。
茨木工場と尼崎工場を拠点とし、09年3月期には年間約3137億円を売り上げていましたが、
液晶との競争激化などで14年3月期は売上高約202億円まで減少。14年3月末に事業活動を停止。
その後に進めていた工場資産などの処分が完了し、解散することになったとのことです。

関連記事
帝国データバンク
パナソニックプラズマディスプレイ株式会社 元・プラズマテレビ、プラズマディスプレイ製造
製造業で過去最大の倒産


当ブログ関連記事
パナソニックが尼崎工場、シンガポール系投資会社に売却へ
瑞光、パナソニックとのプラズマ・ディスプレー・パネル工場取得交渉を継続
パナソニック、年度内めどプラズマ撤退-「4K」・有機ELに軸足

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter