中国で有機ELパネル量産 鴻海・シャープ検討、19年にも

日本経済新聞
中国で有機ELパネル量産 鴻海・シャープ検討、19年にも

Sharp_OLED-foldable_panel_image2.jpg

台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業と傘下のシャープはスマートフォン(スマホ)向け有機ELパネルを
2019年にも中国で生産する検討を始めたとしています。中国では米アップルのスマホ組み立て工場が集積し
現地メーカーも急成長しています。政府の支援などで投資負担も抑えられると判断したとのこと。
次世代パネルを現地生産して競争力を確保しシャープの経営再建につなげるとしています。


スマホの表示装置は液晶パネルが主流だが、鮮やかな発色が特徴の有機ELパネルをアップルが17年にも
スマホ「iPhone」に採用する方針。鴻海とシャープは中国生産により有機ELパネルで先行する
韓国サムスン電子の追撃を狙うもようです。

シャープは製造設備の取引先に中国生産の意向を伝えたとのこと。
最終組み立てや検査工程に加え、発光する有機材料を基板に付着させる重要工程も手掛けることを検討。
沿海部を中心に用地を探すもようです。進出する地方政府から補助金や税制優遇などの支援を見込んでおり
段階的に生産量を増やしますが、1000億円以上の投資が必要とみられています。

シャープは総額2000億円を投じ有機ELパネルの量産体制を整える計画を公表。
堺工場(堺市)に試作ラインをつくりますが、当初は国内を予定した量産のラインは中国が有利と判断。
鴻海傘下の液晶パネル大手、台湾・群創光電の中国にある工場の活用も検討するとのこと。

有機ELパネルはシャープが研究開発しており中国生産で技術流出の懸念もあります。
同パネルは効率良く量産することが難しく、安定供給できる技術の確立が課題となっています。

当ブログ関連記事
シャープ、16年度営業黒字化の予想 鴻海と相乗効果(追記)
シャープ:有機EL供給へ向け米アップルと協議-関係者
シャープ、亀山第2工場の縮小方針を撤回

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter