昭和電工、熱硬化性成形材料の中国工場が試運転開始

日経テクノロジーオンライン
昭和電工、熱硬化性成形材料の中国工場が試運転開始
2拠点体制で中国市場への供給力を強化

Showa-denko_china_BMC_plant_image1.jpg
図:新工場の試運転を開始した昭和電工新材料(珠海)公司

昭和電工は、熱硬化性成形材料(Bulk Molding Compound:BMC)の製造拠点として建設していた
中国工場の試運転を開始すると発表しています。2017年初頭から量産と販売を開始する予定。



試運転を開始したのは、同社が台湾の合成樹脂材料メーカーである長興材料工業公司との合弁で
中国・広東省に設立した昭和電工新材料(珠海)公司の工場。昭和電工グループとしては中国で2番目の生産拠点で、
2015年11月から工場の建設を進めていました。

BMCは、不飽和ポリエステル樹脂にガラス繊維などを混練した熱硬化性成形樹脂。
自動車のランプリフレクターやエンジンカバー、プロジェクターの精密成形部品に使われている他、
エアコンや洗濯機の電源ハウジング・モーター封止材、電気自動車・ハイブリッド車のモーター封止材など、
用途の拡大も見込まれています。同グループは現在、日本と中国・上海、タイの3拠点でBMCを生産していますが、
中国市場でBMCの販売が伸びており、上海の拠点はフル操業の状況が続いているとのこと。
同市場では今後も需要が増えるとみられることから、2拠点体制とするとしています。

昭和電工ニュースリリース
熱硬化性成形材料事業 中国珠海工場で試運転を開始

当ブログ関連記事
昭和電工、高性能ソルダーレジストを開発
昭和電工、銀ナノワイヤ/インクを開発(追記)
昭和電工、有機EL撤退-パワー半導体などに集中

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter