アップルも関心?折り曲げる有機EL向け、ガラス代替のガスバリアフィルム

NEWSWITCH
アップルも関心?折り曲げる有機EL向け、ガラス代替のガスバリアフィルム

Asahi-denshi_gas-barrier-film_image1.jpg

アサヒ電子研究所は、ガラスに近い防湿性能を持つガスバリアフィルムを開発したとしています。
試作用の製造装置も開発したとのこと。ガラスの代わりに折り曲げ可能なフィルムを基板に使う
有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)ディスプレーの劣化を防ぐ新材料として、
パネルメーカーなどに提案するとしています。

ポリエチレンテレフタレート(PET)などの樹脂フィルム上に触媒化学気相成長法(CAT-CVD)で、
酸素やフッ素を含むシリコン系化合物の薄膜を3層重ねて、厚さ0.5μm以下の透明薄膜を形成。
薄膜の防湿性能を示す水蒸気透過量は1日・1平方メートル当たり0・00005グラム以下で、
液晶基板用ガスバリア膜の2000分の1程度としています。

同フィルムは中山弘大阪市立大学教授と共同で開発。中山教授が設計・開発したフィルム試作用の
バッチ式製造装置は試作品の製造などで協力するフィルムメーカーの麗光(京都市右京区)に、このほど納入。
有機ELパネルの量産ライン内で連続成膜する装置の製造も可能としています。

フィルム基板を使う折り曲げ可能な有機ELパネル(フォルダブルOLED)は、米アップルが開発中の
次世代スマートフォンに採用するとの観測があります。

当ブログ関連記事
水と酸素の侵入を防ぐ、フレキシブル有機ELディスプレイの実用化へ一歩前進
有機ELの長寿命化に貢献する標準ガスバリアフィルム
セントラル硝子、高いガスバリアー性能のフィルム試作開発

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter