シャープ、16年度営業黒字化の予想 鴻海と相乗効果(追記)

REUTERS
シャープ、16年度営業黒字化の予想 鴻海と相乗効果

Sharp_sakai-plant_HQ_office_image1.jpg
 
シャープ(Sharp)は昨年11月1日、未公表だった2017年3月期の連結業績予想を公表しています。
営業損益は257億円の黒字予想。前年度は1619億円の赤字。16年8月に同社を買収した台湾の
鴻海(ホンハイ)精密工業グループとの相乗効果などが寄与するとしています。
通期営業黒字なら3年ぶり。



<鴻海効果を強調>

液晶ディスプレーの販売減などで通期売上高は前年比18.8%減の2兆円の見込み。
減収ですが、継続的な構造改革の取り組みも寄与。純損益は418億円の赤字(前年実績は2559億円の赤字)と予想。

16年4-9月期連結業績は売上高が前年同期比28.1%減の9196億円、営業損益が7900万円の黒字
(前年同期は251億円の赤字)、純損益が454億円の赤字(同836億円の赤字)でした。

上期でほぼ収支トントンだった営業損益は下期で256億円の黒字を見込んでいます。
コスト削減や製品構成の改善で385億円、このうち鴻海との相乗効果を99億円と見込むとのこと。

鴻海から派遣され8月に社長に就任した戴正呉氏が都内で記者会見を実施。
戴社長は「鴻海は世界一のEMS(電子機器受託製造サービス)。調達や部材のボリュームが大きく
物流コストが低い」と強調。白物家電やテレビで上期に20億円の削減効果を生み、
今後は液晶ディスプレーや太陽光パネル事業にも同様の効果を波及させると説明。
17年4月をめどに中期経営改革を発表する意向も示しています。

<有機EL、投資慎重に考える>

2000億円の投資計画を打ち出している有機ELディスプレーについては、
「開発は必要だが慎重に考えないといけない」と述べています。

三重事業所(三重県多気町)と堺事業所(堺市)に約570億円を投じて本格的な量産に向けた
試作ライン設置は発表済み。「(有機ELの)将来性は今でも評価できない。
4.5世代の試作ラインが成功してから考えたい」としています。

<三原工場、福山工場への統合示唆>

半導体レーザーなどを生産し閉鎖が取り沙汰されている三原工場(広島県三原市)については、
「2カ月半検討して結論はまだ出ていない。福山事業所(同県福山市、カメラモジュールなど生産)に
集中すれば効率アップできる。もう少し考えたい」と述べ、福山への集約を示唆。
三原工場の人員については「レイオフはしないと保証する」とのこと。
>日本経済新聞:シャープ、国内生産再編 電子部品の三原工場閉鎖へ

関連記事
AVWatch:シャープ、'16年第2四半期は営業黒字に。戴社長「真似される商品で、栄光を回復」
AVWatch:新生シャープの「Be Original.」は、「目のつけどころがシャープ」を超えるか?
(17/01/15追記)
CNET:シャープ、2017年度通期黒字化目指し“オールシャープ”の総合力で挑む
CNET:シャープ戴社長は社員に何を語ったのか--3度目のメッセージに見る復活への思い

当ブログ関連記事
シャープ:有機EL供給へ向け米アップルと協議-関係者
シャープ、物流部門を分離 新会社設立へ
シャープ、亀山第2工場の縮小方針を撤回

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter