Oculus、低消費電力LEDディスプレイを開発中の「InfiniLED」を買収

ガジェット通信
Oculus、低消費電力LEDディスプレイを開発中の「InfiniLED」を買収

Oculus_OculusRift_product_image2.jpg

Oculusは、低消費電力LEDディスプレイを開発するアイルランドのスタートアップ企業「InfiniLED」を
買収したと報じられています。買収額や条件については明らかにしていないとのこと。


<従来のディスプレイに比べ20~40倍少ない消費電力>

InfiniLEDはアイルランド・コークベースのチンダル研究所からスピンアウトし、2010年に設立。
以降、ウェアラブルデバイスやポータブルデバイス向けの低消費電力ディスプレイ技術を開発しています。

InfiniLEDが開発した”ILED”と呼ばれるディスプレイは、OLEDやプラズマ、液晶といった他のディスプレイに比べ
高い電力効率と低コストを実現すると言われています。MicroLEDをベースとしているため、
OLEDなどに比べ20~40倍低い消費電力で4倍以上の明るい映像を表示できるようです。

InfiniLED – Official Site: infiniled.com/

<Oculus、OLEDに替わるディスプレイとしてILEDに注目か>

Oculusは2014年以来、手の認識システムを開発するNimble VR社や、手の動きをリアルタイムに認識するための
センサー、アルゴリズムなどの技術開発を行うPebbles Interfaces社を買収するなど、独自の取引を多く行ってきました。

現在、Oculus Riftは90Hzのリフレッシュレートで2160×1200の”OLED”ディスプレイを使用しています。
Oculusは今回の買収の目的と条件について明らかにしていません。

当ブログ関連記事
【抜粋記事】AR/VRセッションが注目集める、韓国ディスプレー学会
VR、標準化への道のりはまだ遠く
VR用HMD「Oculus Rift」、2016年第1四半期に市販


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter