独メルクの新工場稼働−有機EL材料、生産能力5倍に

日刊工業新聞
独メルクの新工場稼働−有機EL材料、生産能力5倍に

MERCK_logo_iamge2.jpg

ドイツのメルクは独ダルムシュタット(ヘッセン州)で有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)材料の
新工場を稼働し、生産能力を現状比5倍に引き上げたと報じられています。


最先端のディスプレーや照明システムに使われる、高純度の有機EL材料を生産。
投資額は約3000万ユーロ(約34億円)で、ここ数年の同工場に対する投資としては最大。
さらに段階的な増強も検討するとのこと。 

新工場の延べ床面積は3600平方メートル。メルクは有機EL材料の開発・製造拠点である
ダルムシュタットをはじめ、応用研究施設を展開する日本や韓国、中国にも積極的な投資を続けています。

同社は有機EL材料の使用量が増す大型ディスプレーやフレキシブルディスプレー向けを視野に、
日系メーカーに先駆けて材料を液状にして塗布する方式を実用化しています。

当ブログ関連記事
メルク、有機EL材料新工場の稼働で生産能力5倍に
独メルク、独自技術で隠蔽性を向上させた金色顔料発売-下地透けずにきれいな発色
独メルク、折り曲げ可能で重さ10分の1の液晶ディスプレー試作-樹脂製基板に印刷

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter