パナソニック、曲げ伸ばしできる電池を開発 スマート衣料向け

日本経済新聞
パナソニック、曲げ伸ばしできる電池を開発
スマート衣料向け


Panasonic_flexible-LiB_image1.jpg
パナソニックが開発したリチウムイオン電池

パナソニックは繰り返し曲げ伸ばしができるリチウムイオン電池を開発したと発表しています。


電気を通す繊維などを使い生体情報を取得できる「スマート衣料」やウエアラブル機器の電源として
10月からサンプル出荷を始めており、2018年の量産開始を見込むとしています。
曲げられる電池は腕時計などに使われていますが、繰り返して形を変えられる電池は初めてとのこと。

樹脂やアルミなど外装の材料や、内部の電極・セパレーターの重ね方を改良したとしており
厚さは0.55ミリメートル。試験では1000回曲げても充電容量が減らないとのこと。
スマート衣料は体の動きに合わせて曲がりやすく、耐久性の高い電池が求められています。

当ブログ関連記事
【抜粋記事】極薄で曲がる回路基板、米国で研究進む
【抜粋記事】レノボ、曲げて腕に巻けるスマートフォンを披露--フレキシブル画面とセグメント化された本体を採用
フレキシブルOLED市場、新たな用途で成長加速へ

    

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter