キヤノン、基幹部品のイメージセンサーを外販へ。ただし産業用に限ります

NEWSWITCH
キヤノン、基幹部品のイメージセンサーを外販へ。ただし産業用に限ります
方針転換は大きな分岐点。カメラ販売の縮小で稼働率が低下?


Canon_cmossensor_image1.jpg
御手洗会長とCMOSセンサーを改良し昨年発売した自社の超高感度カメラ

キヤノンは2年内をめどに、カメラ製品の競争力の根幹であるイメージセンサーの外販に乗り出すとしています。
これまで同社は技術で差をつけるため、イメージセンサーの基盤技術を外部に出していませんでした。
ただイメージセンサーの技術進化と産業分野へのカメラ用途の拡大により、外販の条件が少しずつ整ってきたとし
数年後に産業分野を中心に10-20%のシェアを目指すとのこと。


デバイス開発本部長の井上俊輔執行役員は「数年前から、超高感度センサーなど外販で価値を発揮できる
特殊な技術は出てきていた」と話しています。相補型金属酸化膜半導体(CMOS)センサーの開発において、
フルサイズより小さいサイズ規格「APS-H」で2010年に約1億2000万画素、15年に約2億5000万画素を達成。
肉眼では認識できない遠方の建物や物体も鮮明な画像を得られるとのこと。

15年初めには御手洗冨士夫会長が「外で売ることを考えてみてはどうか」と案を示し、プロジェクトは一気に具体化。
折しもカメラ市場が縮小して、自社センサー工場の稼働率低下が課題となっていました。
すでに画素の多い多画素センサーは量産準備を完了しており、外販の第1弾として1-2年内をめどに
事業化することを目指すとしています。

さらに、このほど外販の核となるグローバルシャッター機能を搭載したセンサーを開発。
光から変換した情報を全画素で同時に読み出すことで、高速に変化する被写体も歪(ゆが)みなく撮影するとのこと。
同機能は主なターゲット市場となる産業用カメラの必須要件です。
同社は多画素センサーも含めて競合の民生カメラには外販せず、産業分野に訴求するとしています。

他社のグローバルシャッター機能を搭載したセンサーに比べ、
キヤノンは映像制作にも使える画質にこだわっています。
同機能は映像をためるメモリーを大きくするため、画質を左右するフォトダイオードが小さくなります。
そこでフォトダイオードとメモリーの配置の最適化や、情報の読み出し方を工夫。
半分の大きさのフォトダイオードでも見かけ上、ためられる電荷の量を従来と同じに増やして、
きれいな画像を両立したとのこと。

第1弾として、17年1月に発売する自社の映像制作機器に同センサーを採用。
外販では「過剰性能にならないタイプも開発する」(井上執行役員)予定とのことです。

またデバイスを生産する国内3工場のいずれかで、車載製品の生産に必要な規格の取得準備を
17年内に整えるとしています。「まだ車はチャレンジのレベル」(同)としながらも市場成長の見込みが大きく、
より高度なカメラ技術が求められます。
成長途上の産業用カメラ市場で、キヤノンがどう存在感を示せるか注目されます。

当ブログ関連記事
キヤノン傘下入りの東芝メディカル、“垂直立ち上げ”へ専門組織
キヤノン社長に真栄田専務、御手洗社長は会長兼CEOに
キヤノン、質感情報をプリントで再現する技術を開発

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter