【抜粋記事】ボッシュ、「レベル3」自動運転車の実力

NEWSWITCH
ボッシュ、「レベル3」自動運転車の実力

Bosh_aout-drive_demo_image1.jpg

独ボッシュの日本法人、ボッシュ(東京都渋谷区、ウド・ヴォルツ社長)は、自動運転車のテスト車両を日本で初公開した


テスト車両はドライバーの監視下で運転責任を車両システムが担う「レベル3」の自動走行機能を持たせており、ボッシュ製のセンサーやカメラなどで周辺環境を高度に認識しながら自動で車線変更できる。2021年には高速道路上で完全自動運転を実現するシステムの量産化を計画する


テスト車両はホンダのハイブリッド車(HV)「レジェンドハイブリッド」をベースに使い、自動運転の中核部品であるステレオカメラ、中・長距離ミリ波レーダーなどを搭載したもの。同日、女満別テクニカルセンター(北海道大空町)で行ったデモンストレーションでは、安全を確保した上で自動で車線を変更し、先行車両を追い越す機能を披露した


独ボッシュはドイツ、米国に続き、15年10月から日本の高速道路で公道実験を始めた。日本ではこれまでに1000キロメートル以上を走行した。日本の道路事情を把握し、自動運転の技術開発や完成車メーカーへの提案に生かすのが狙い


またボッシュグループ全体で、16年にドライバーを支援する各種センサーの売上高が10億ユーロに達する見通しを明らかにした



当ブログ関連記事
デンソー、富士通テンを子会社化へ
アップル、自動車開発プロジェクトを仕切り直し - ソフトウェア関連に重点シフトか
日立オートモティブ、茨城大と自動運転技術開発で協定

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter