【抜粋記事】ファーウェイ、サムスン研究チーム作りギャラクシーを模倣…アップルのあごの下まで追撃

中央日報
ファーウェイ、サムスン研究チーム作りギャラクシーを模倣…アップルのあごの下まで追撃

huawei_logo_image2.jpg


ファーウェイはサムスン電子を切り離して説明することはできない会社だ。ファーウェイはスマートフォン市場でサムスン電子を模倣して成長している。また、半導体やディスプレーをサムスン電子から多く購入する大口顧客のひとつだ。通信技術標準特許をめぐって訴訟を進めている点ではサムスン電子の敵でもある


ファーウェイの研究開発センターには「サムスン電子専従研究チーム」があるものと知られている。ファーウェイはサムスン電子出身の人材を積極的に迎え入れていることでも有名だ


ファーウェイは実際にスマートフォン市場でサムスンが歩んだ道のりをそのまま進んでいる。完成品と部品産業を同時に育てる「垂直系列化戦略」、普及型携帯電話を主力で売りながら高価なプレミアム製品を前面に掲げる「フラッグシップ戦略」、市場1位の企業を挑発し自身のブランド価値を高める広報戦略までも似ていると評価される


表面では激しく競争しているように見えるが、裏では両社の粘り強い協力関係も維持する。ファーウェイは昨年韓国企業から21億5300万ドル相当の部品を買い入れた。このうち半分以上がサムスン電子と系列会社から購入した部品だ。


ファーウェイでコミュニケーション担当代表を務めるジョイ・タン氏はこうした複雑な関係に対し「以前は製品生産業者と部品供給業者がくっきりと分かれていたとすれば、いまは多様な事業を同時に営む『巨大モデル(massive model)』に産業構造がシフトしつつある。きのうのライバルがきょうの協力者になったりするのはそうした理由のため」と説明した


スマートフォン製造技術だけみればファーウェイはサムスン電子にぴったりとついてきたとIT業界は分析する。サムスンやアップルのほかに「スマートフォンの頭脳」と呼ばれる中央処理装置(AP)を独自に作る会社はファーウェイだけだ。特に無線通信関連技術はファーウェイがサムスン電子を上回っているというのが全般的な評価だ


だが部品産業競争力、世界流通網、ブランド価値などさまざまな面でサムスン電子を追い越すには時間がかかるだろうと専門家らは口をそろえる



当ブログ関連記事
LGDの曲面有機EL、小米とファーウェイがスマホに採用決定の報道
中国:深セン製造業の「ハイエンド化」加速、世界進出を実現(追記)
中国スマホメーカー、地元密着戦略でシェア拡大

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter